FRISKELION

漫画の感想を淡々と書き続けるブログ。みつどもえの個別記事も余裕ができ次第、更新します。


カテゴリ: 21巻以上で完結(★付&読了作品)

朝顔の年齢は連載初期のどこかに35歳という記述があったと思い、
確認のためwikipediaを開いたら、登場人物の内容が空欄だった。
ずーっとアラサーだったのに、最終盤はアラフォー。という程度で。
法医学サスペンス…というより、法医学×人間ドラマの第1巻。

法医学者や検視官の仕事を知る面白さ。2時間ドラマでよく題材になるけど…。
朝顔の気づきが事件を解決に導くサスペンス要素もあるが、
基本は死者のメッセージがどうこう、残された者たちのあれこれ。
あと社会風刺。子どもたちがしっかり者で泣けてくる。
クラッシュシンドロームの話は結末はつらいけど、なるほどと唸る。

この手の漫画の宿命か、ヒロイン・朝顔が少年漫画のヒロインかのように
とんでもなくかわいい。万平の頭身が結構高くてなんか笑った。
父娘のナイスなコンビ。ますます2時間ドラマっぽい。(連ドラ放送中)
なんと言っても茶子のキャラ。この先に出る高橋と光子のトリオが秀逸。
このトリオは狙ったというより。キャラが動いた結果な気がする。

全巻読んでからこの感想を書いているけど、鬱展開はどうにかならないのか、
夢の話は結局どういう意図だったのか、作中でもよく話題になったけど
朝顔はどれだけ豊乳なのか、など、まだ頭の中が整理できていない。



監察医朝顔1
監察医朝顔1

食品会社の営業主任として活躍する稲葉十吉(新婚34歳)だったが、
不運な偶然により犯罪組織「コンビニ」の超一流ヒットマンとして
秘密の二重生活を送ることになるガンアクションお色気漫画。

開幕早々に致命傷を負う初代二丁。実力が最強クラスでも、死ぬ時は死ぬ。
ちなつを助けるために巻き込まれる十吉。約1年に渡る戦いの始まり。
二丁が十吉の才能に気づいていたわけでもないのが、なんとも言えない。
「目的のタメなら悪魔にでも何にでもなれる」は十吉にも通づるけど。
営業マンとしての仕事とヒットマンとしての仕事を文字通り同時にこなす。
頭の回転の速さと度胸がすごい。殺コロコミックに笑った。

最初期のちなつは作画も性格もちょっと違う。デレる前だからか。
美沙子は十吉以外と絡めないので、お色気担当はちなつが背負う。
お色気だけでなく普通にボコボコに殴れる酷い目に遭うなど、忙しい役割。
基本有能だけど、億ションを買って仕事を増やすのがヤバい。
マイホームのローン、無能上司&部下など、十吉のストレスが心配だ。
時々思う。エロが重要とは言え、強引なお色気要素をもう少し控えれば
更に売れたのでは…。でもあったからこそ上手くいったのかも。難しい。

「俺の名前は稲葉十吉」から始まるお決まりのモノローグがおもしろい。
不意打ちやハッタリを混じえつつ、着実に仕事をこなしていく十吉。
他の漫画なら2話使いそうなエピソードも半分の1話で終わらせるので、
テンポが早くて良い。物語の後半では超長くなるけど…。



今日からヒットマン 1
今日からヒットマン 1

殺しの天才・佐藤明(仮名)がボスから1年間の休業を命じられ、
平和な日常を過ごそうとするも…そうは問屋が降ろさない系の漫画。

佐藤が大真面目に普通の生活をしようとするのでギャグ描写も多いけど、
悪いことを何もしていない女性が乱暴されたり、脇役が唐突に死ぬなど、
トラブルが始まると結構えげつない。酷い目に遭うのは悪人だけでいい…。
しかしそれ故に、ぶっちぎりで強い佐藤の活躍は気分爽快。
個人的には今日からヒットマンの1/3ほどエンタメしてくれると嬉しい。

ボスの命令で大阪での休業生活が始まる。ボスとか組織については謎。
敏感な佐藤のために料理をフーフーするプロ兼超記憶の佐藤洋子(仮名)の
子供の頃の火事は、漫画的によくある話だとボスがやっている雰囲気が…。
まぁ、目に見えるところで保護しているパターンも。どっちもある。
比較的常識のある美人と思いきや、実は性格がヤバいのはヨウコ。
佐藤とコンビを組む時点で普通なわけがない。何故かお色気シーンが少なめ。

殴られるふり。痛いふり。平穏な生活というルールのために弱者を演じきる。
殺しのプロとは違った新たな境地を楽しむ佐藤。うーん、斬新なキャラ。
洋子の番号を「他人」で登録しているのは笑う。「カーナビ女」ですらない。
改めて読み返すと、佐藤と洋子のコンビがまだ1年というのに驚き。
事ある毎に息がぴったりなので長年の付き合いと思っていた。


ザ・ファブル 14巻 南勝久


ザ・ファブル(1) (ヤングマガジンコミックス)
ザ・ファブル(1) (ヤングマガジンコミックス)

↑このページのトップヘ