FRISKELION

漫画の感想を淡々と書き続けるブログ。みつどもえの個別記事も余裕ができ次第、更新します。


カテゴリ: イージス竹下

Vocal:まきくん と はやとくん
台詞:イージス竹下さん(クローバー 第216,242,243話)
元ネタ:チルノのパーフェクトさんすう教室(miko/IOSYS)
※台詞部分は強引にねじ込んでください

みんなー! イージスさんのフィッシング教室はじまるよー!
イージスさんみたいな天才目指して がんばっていってね!

キラキラ クリアスカイ 輝く水のように
コクチ オオクチ なんとかして釣ろう
好釣(こうちょう) 爆釣(ばくちょう) トップ目指して GO GO!!

バースバース バースバース バースバース
「緊張したら 今日をエンジョイハッピーできない」
バースバース バースバース バースバース
「魚の前ではエブリワン 平等だぜ!!」
バースバース バースバース バースバース
「さあ 早く始めよう グズグズするのはディスライク!!」
バースバース バースバース
てれってれってれってれってってっ
てってってってれ

「レッスンワン!」

水面(みなも)から バスが出て 始めに3匹見えました
橋脚で1匹跳ねて 一瞬だけ見えました
よそ見するハヤトが落ちて 結局オオクチ合計何匹だ?
答えは答えはゼロ匹ゼロ匹
なぜならなぜならそれは

「そこにいると信じることが一番大事なんだ
No Goodはウダウダと悩むこと… 迷い それが最大の敵」

英語に意味など無いわ
キャラクター立てばいいのよ
覚悟があれば いつでも  Ν◆Α屮侫――シュッ!!」

くるくる ワームとルワー ぐるぐる 水を回る
だって「HAMMER HEAD」を 「ハムムヘッド」と読んだのに
英語の助言なんて ちんぷんかん
次々迷言出る まだまだレッスン続く
揺れる水の中
ひんやりとした温度も時間も気にせず

「イメージしろ 魚は今何を思ってる? どうしたい?
どこに行きたい? 何がしたい? そうすれば 自ずと答えは出る」

バースバース バースバース バースバース
「さあて 今日は何本あげるかな…」
バースバース バースバース バースバース
「今がその勝負の時 結果を恐れちゃ何も始まらないんだぜ」
バースバース バースバース バースバース
「釣りはハッピーにいこうぜ」
バースバース バースバース
てれってれってれってれってってっ
てってってってれ


「「フィ――シュッ!!」」



イージス竹下のバス釣りNo.1― クローバー:第216話「クリスマスフィッシング」

今週のクローバーは新展開スタートと言いつつも、期待通りの釣り回。
釣りといえば真木ハヤ!そして俺たちバイトリーダーも登場の予感!?

「辻千尋っていったっけ…むこうは会いたくねェってよ」
辻って誰だ、と思ったらいつぞやのロン毛のことらしい。
うむ、こいつら出てくるということは期待通り真木×ハヤがメイン、
ということですね!高鳴る鼓動を抑えつつも、ページを捲る手は震えてしまう。
なんか物騒な話をしているようだが、この2人は人探しをしてばかりだな。
その頃、真木ハヤは「クリスマス」に仲良く釣り。寒い中、「仲良く」釣り。
真木 今日 どういう日かわかってるの?どう見てもわかってる。
「クリスマスに今年の釣り納めも悪くねェ」とかそれらしく言っているけど、
大晦日にも「年の最後に釣り納めも悪くねェ」とハヤトに言ってそう!
苦戦する2人の一方で、一際通る謎の声。どうやら向こうは釣れたようだ。
寒い時期でも釣れるとわかり気合を入れるハヤトだが……そこで再び、
先ほどの謎の声が響き渡る。ただの釣り人か?新たな敵か?

「ポインツレス 無駄骨だね」
そこはかとなく漂うキリオ臭。ソーヤングだね。ハッピーだね。
現れた謎の声の主に、固まる真木。ただの釣り人か?新たなt(以下略
普段はクールな真木も思わず豹変。それもそのはず、謎の釣り人の正体は
週刊少年チャンピオン42号/クローバー/p252/平川哲弘
イージス☆竹下
竹下さんきたああああああああ!!!!!!111!!11

「たまには近くのバスポイントに来るもんだな 思わぬエンカウンター」
とか言いながら、竹下さんもハヤトに会いたかったに違いない。んもぅ!
あ!これこそ「俺から隠れることはできねぇぜ!!」ってか(笑)
真顔で「まさかイージス竹下と知り合いだったなんて」と驚く真木が笑える。
こういう狙った笑いはよく滑るものだけど、心の底から笑った。電車の中で
平川先生はこの手の展開が本当に上手い。毎度毎度期待を裏切らない。
サインをお願いしたり、ちゃんとイージス竹下「さん」と呼ぶ真木がかわいい。
でも、その憧れもいつしか嫉妬に変わるんだぜ(ヒント:三角関係)。
それはさておき、イージス竹下さんにこの寒い中でも魚を釣るコツを問う真木。

「イメージしろ」
その口から出てたのはたった一つのシンプルな答え。単純明快なようで
人と魚、命と命のぶつかり合いの真髄を説く一言ではないだろうか。
この境地に達するまでにどれほどの苦労があったのか、もはや想像できない。
言葉はいらない。物に頼るな。一体となれ。そして感じろ。これぞ竹下流。
しかしそんな釣り名人の竹下さんがなぜ牛丼屋でバイトをしているのか?
至極真っ当な疑問をハヤトが問いかける。すると竹下さんの衝撃の一言が!

「オレは米国に渡ってバスプロになる」
竹下さんが部屋で英会話の勉強をしていたのはこの伏線だったのか!
向こうで当面暮らせる資金を稼ぐためのバイト。なんて冷静な人なんだ……。
この漫画でアメリカというと、イケメン(笑)猪塚が無様な最期の果てに
「 オ レ は ア メ リ カ で ビ ッ グ に な る ! ! 」
とほざいていた話を思い出してしまうな。しかし竹下さんの実力は本物!
この男気に惚れて、生来一匹狼の真木も竹下さんを師匠と称える。
しかし自称師匠のハヤトが黙っているわけがなく……イチャコラ開始。

そんな2人を見て、竹下さんは静かに言った。たった一言。
「釣りはハッピーにいこうぜ」
ハル研製作のイージス竹下のバス釣りNo.1の発売が待ち遠しい!
あ、そういえば冒頭の坊主とロン毛はボコボコにされていました。


イージスさんのパーフェクトフィッシング教室
みつどもえ:227卵性「魔法少女なんとかカントカ」

全盛期のイージス竹下伝説:360度の方針転換


糸井重里のバス釣りNo.1 決定版!
糸井重里のバス釣りNo.1 決定版!

↑このページのトップヘ