近未来サイボーグ美少女コメディ漫画の第1巻。

13歳で病に伏すも、ギャングによるサイボーグ化で一命をとりとめたマコちゃん。
サイボーグ派遣会社で働く青年・ロウのモノローグにポーズを取るのが笑える。
高度医療の一環であるサイボーグ化。この肉体強化を悪用するギャング。
高齢でサイボーク化した老人よりも、幼少でサイボーグ化したほうが
改造に合わせて身体が成長するのか、大きな力を発揮するらしい。
シリアスっぽい世界観の中でひたすら小ボケとツッコミ。
全体的にデザインが独特で濃ゆい。これらは人によって合う合わないはありそう。
列車強盗のはギャグっぽくしているが、そのうち伏線回収されるのだろう。
ギャングの世界で豪腕を振るっていたマコちゃん13歳(21)。合法ロリ。酒豪。
ボケばかりかと思えば、いわゆる人の心のない、ヒヤッとする発言。
自分に常識を教えて導いて欲しいと、ロウのパートナーになる場面は素敵やん。

マリアファミリーの3人の少女サイボーグ、マコ・カイリー・イヴ。
カイリーに「カタギのルール」を拳で教えようとするマコがかっこいい。
最凶サイボーグのイヴがロウの幼馴染み疑惑。マコもイヴとの戦いはガチ。
マリア、マコ、イヴ、それぞれに事情があるらしい。ギャグだけじゃないんだな。
なんだろう、カイリーはイキり散らかして話を転がす便利な不幸なキャラの予感。
サイボーグは風邪をひくと特殊な症状が出る。マコは笑いと泣きの反転。
身を挺して気絶したロウに、ずっと爆笑しているマコがベタで超良い。
カイリーの「こいつ首をリスケしろ!」「はっ!」で大笑いした。
3人娘の世話係・ジェーンの敵、ギンコファミリー。マコちゃん超シリアス。
瀕死の状態からサイボーグ化されて再登場とかあるのだろうか。
カバー裏にも描き下ろしイラスト。けん玉っぽいものは武器?