もんのすっごいアングルな表紙の第7巻。

ものすごく作り込まれたVRとARに翻弄されるというのはおもしろそう。
「食」をテーマに拷問を語る。ちゃんと拷問漫画してイイっすね。
辛さはお馴染みだし、苦いお茶、甘すぎるお菓子とかも聞くけど、
酸っぱさとしょっぱさはまだ余地があるかも。自分が知らないだけかも。
つぐももやMAJORみたいに、裸とか下着を描かないと死んでしまうのだろうか?
怪力女扱いする石丸に傷つく清香の乙女心。危機を乗り越えるも意味深な発言。
謎の過去設定を想像するまもなく、しょーもない妄想を挟んで新キャラ登場。

大胸筋が非常に発達した人見知り女子・高坂聖。その正体は孤独な生徒会長。
石丸だけとは話すことができるという謎設定。よっ!ハーレムの王!!
相撲っぽいなにかで、鶴瀬、みっちゃん、清香が聖にまさかの3タテ。
ついにいよいよ焦った麻美がくすぐり対決で登場。赤面、いただきました。
なんやかんやで毎週水曜日は生徒会室で活動することとなった人文研。
孤独な生徒会長をサポートする石丸。エエ話やん…。麻美のギャグ顔に笑う。
博物館デート回で語られる清香の過去とは?次巻へ続く。


放課後の拷問少女 6巻 BOKU
放課後の拷問少女 8巻 BOKU