年末の恒例となった記事。結果として無事に週1更新。
(月曜日に間に合わず、あとから更新するほうが多かったけど)

今年も各月に第1巻の感想を書いていたので、それを縛りにピックアップ。
基本的にたまたまひと月に1作品は1巻の感想を書いていたので、
自分にそこまで刺さってなくも無条件でその作品を採用している。
余計な一言は期待の裏返し(予防線)。画像はAA、題名は個別感想。

1月
群れなせ! シートン学園(1) (サイコミ)
群れなせ!シートン学園 1巻 山下文吾
作品に全く罪はないけど、サイコミが講談社から小学館に移ったため
新装版が別作品扱いになり、統一感がなくてかなり気持ちが悪い。
途中まで揃っているのに、続きをまったく買う気にならない。

2月
生徒会役員共(1) (週刊少年マガジンコミックス)
生徒会役員共 1巻 氏家ト全
今さら読んで、めっちゃハマる。普段は興味ないアニメ版も見た。
他作品もあらかた読んだ。氏家ト全と古賀亮一くらい突き抜けていると、
もはや下ネタではない独自のジャンルなのですごい。

3月
もういっぽん!(1) (少年チャンピオン・コミックス)
もういっぽん! 1巻 村岡ユウ
あざとさを感じるくらいのほうが、エモさは出るのかもしれない。
なんと言っても神童・南雲。もっと未知といちゃいちゃして欲しい。

4月
よふかしのうた(1) (少年サンデーコミックス)
よふかしのうた 1巻 コトヤマ
ホントいいとこついたな〜、という感想。
個人的には、だがしかしの方がだいぶ好きだけど。

5月

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 草水敏・恵三朗 1巻
これもまたずいぶんと今更な。病院系は生き死にと利権がガッツリ絡むので
重い話になりがちだけど、それだけに引き込まれる雰囲気はある。

6月

無敵の人 1巻 甲斐谷忍
長期連載するようなタイプでないけど、ちょっと続いても良かった気がする。
いかにも甲斐谷忍らしくもあり、少年漫画っぽさもある熱い漫画だった。

7月

新・信長公記〜ノブナガくんと私〜 1巻 甲斐谷忍
本格的に甲斐谷忍ブームの再来。歴史に興味がなくてもおもしろい。

8月

先生、〆切ですよ!! 浜岡賢次
浜岡賢次が僕ヤバとか高木さんみたいな作品を連載で描いたら、
他のベテラン漫画家もそういう路線で描いたりするのかね。

9月

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている 1巻 矢村いち
題名からして狙い過ぎだけど、これくらいの方がウケるからしょうがない。
本誌を読んでいないので、未だに週チャン連載というのが信じられない。

10月

たかまれ!タカマル 1巻 近藤るるる
これぞぽっちゃりヒロイン。他の漫画家も見習ってほしい。
デフォルメしている絵柄の割にエグい描写もあったり、迫力のある画力。

11月

ヤンキーJKクズハナちゃん 1巻 宗我部としのり
タイトルの割に、クズハナちゃんが大人しい回もある。
あと誰もクズハナちゃんなんて言ってない。

12月

喰いタン 1巻 寺沢大介
これも今更。まぁ、ドラマ化する漫画はほぼほぼ面白い。アニメ化は知らん。
ギャグとシリアスが混在がカオス。京子が良いキャラしている。


来年こそ月曜日に間に合う週1更新を目標に。良いお年を。