ブログネタ
週刊少年チャンピオン に参加中!
週チャンではストライプブルーでお馴染みの森高夕次先生が原作を担当する
グラゼニの単行本が発売したので購入。年俸が話の軸だけど、1話完結で
バラエティに富んだ話を読める。月イチ連載から週刊連載になるらしいけど
2巻も楽しみだ。内容よりも切り口が斬新、と言ったところか。

侵略!イカ娘
枕を使ってみるでゲソ!枕は使わない派。そもそも枕を使った経験が……。
抱き枕はちょっと欲しい。キャラクターがプリントされたカバーは結構です。
素直に欲を語る悟郎に笑った。もはや公然の秘密だな。
オチの千鶴はちょっとかわいそう、だけど仕方ない。

行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
イカ娘フェラーリ スーパーGT侵略編。
安部先生に髪の毛がある!マスクをしてない!担当編集怖そう!!
車にもアニメにも縁のない自分にはただの痛車にしかmゲフンゲフン。
冗談ですよ!柱の「RR(来週もレース)!!」で笑った。

弱虫ペダル
ここぞとばかりに山岳がアピール!(ドン
マジックで書いたとしか思えない髪型の御堂筋がいよいよ登場。
何が起こるかインターハイ最終日。総北の3年は中盤で離脱しそう。
広島のなんとかかんとかさんもそこらへんまでは頑張れ。

シュガーレス
い、いまさら自分が間違っているなんて恥ずかしくて言えないじゃない(///)
上手く逃げたな、与崇……本当に逃げるための口実ならそれはそれで。
「次号、衝撃展開」というアオリに期待してみる!

被害妄想少女うれいの日常
毎週毎週うれいが前の方に掲載されている理由をいろいろと妄想してしまう。
金棒を振り回すうれいがとってもチャーミング。
大家のピンピンハネハネという擬音に笑った。

ブラック・ジャック創作秘話 〜手塚治虫の仕事場から〜
原作・宮崎克先生、作画・吉本浩二先生の4号連続掲載の第1話。
冒頭5年間で先生がまったく老けていない!これが神様たる所以か……。
制作進行目線で語られる手塚アニメのあれこれ。制作進行が楽なわけがない。
ましてや手塚治虫の2時間アニメ。リテイク連発されたあたりで逃げたい。
手塚治虫や漫画家に限らず、こういうノンフィクションを脚色してもいいので
もっと読みたいものだ。このシリーズの出来がいいので比べられそうだけど。

クローバー
事情を話せば、別に何事も無く終わりそうな?
六鬼會の現状も知っているだろうし。特に恨みとかがあるわけでなく
ただ話をしたい、あるいは真木の実力を知りたいだけという可能性も。
最後は4人で仲良く釣りをする展開だけは読めた。

毎度!浦安鉄筋家族
公共の場で旦那の体を弄り回すなんて><
オチは地獄だ。その前にドリーちゃんお母さんも気づけ。

範馬刃牙 SON OF OGRE
たとえ殺傷力が低くても、やはりタンスの角に小指をぶつけるというのは
必殺技として成立する!このレベルだと殴られるのと一緒だな……。

バチバチ
「筋書きなき土俵(ドラマ)。」……皮肉。
肉を切らせて骨を断つではないけど、天雷がうまく受けて石川を沈める。
どちらもすごい痛そうだけど、別に深刻なダメージはないんだよな。
スポーツ(スポーツの定義はさておき)はどうしても怪我がつきものなので、
取り組みの度に心配してしまう。それ以上に石川の相撲を喧嘩と称した
何もわかってない一同が心配だ。彼らよりは石川の方が上ということか。

ましのの
今さらましのさんに羞恥心なんてありません。
下から入るノアールにちょっと笑ってしまった。こだわりか。
ERO先生の「見せたくない」がオチの見所。

囚人リク
髪型の統一感。27木工場は自由さが売りだったんだね!
囚人の行動がどこまで許容されているのかが謎。
ニーナナ侵略開始の狼煙をロンゲ集団があげたでゲソ!

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
怪しげな雰囲気が漂っているな。薬師ルコは師匠とそっくり。
ルコがおかしいのではなくてペフコがおかしいのではないか。

りびんぐでっど!
ゾンビとのお風呂イベントがあるゾンビゲーは売れ……ない。
水森が吉岡+松岡さん+普通の女の子でカオス。
体がバラバラになるのを利用して、多彩なプレイを楽しめますね。

ドカベン スーパースターズ編
マドンナ、スーパープレイすぎるぜ。
今までのストライクを悪球に見立てる方法を駆使すれば80本は狙えそうだ。
現実の方はソフトバンクが強すぎる……。打線も投手も1人くらい
離脱してもあまり問題なさそう。前半戦はこのまま行きそうな気がする。

てんむす
勝ち抜いていくと、また「喰い道部」が出てきそう。部長の知り合いとか。
1日に何試合するのかが気になる。具体的な試合形式はわからないけど、
単純に考えれば4人目は温存しておける可能性もあるわけで。
とりあえず、頑張れタエちゃん。部長においしくいただかれちゃうのかな。

ナンバ デッドエンド
病院の前に集まる怖い人達。気持ちはわかるがちょっと迷惑だ……。
このままシンヤくんたち仕業だと気づくことになるのだろう。
さてさてどうするのか。いきなり追われる側から追う側になるのかな。

モメンタム
謎の中盤。このページを2/3に抑えたら絶賛した。惜しい。
なんだかんだでしっかり盛り上がっているだけに。
喜多が実力を遺憾なく発揮して徐々に差を詰める専福寺。
毎度毎度、南が強力すぎる。こうなると向こうは意地でも狐村で攻めるし。
打ち合いになると、アレなんとかさんの言うように流れは専福寺か。

ハンザスカイ
青柳が大将である限りは負けない、ということで。
今後、なんらかの作戦で大将以外になったらその時は危ない。

はみどる!
「はみドルブーム」ってなんだ。
壁さんの意見が核心を突いているがして、思わずせりかが周りから
見捨てられる展開を想像してしまった。ヤバい、悲しすぎる。
ムキになったせりかも焦りを感じているようで……うわあ。

ケルベロス
どんな町だよ!じいちゃんから語られる真相と過去。
「叔母さん甘い温い牛乳を飲もうね」に見えてびっくりしたぜ!嘘です。
清叔母さんが今後、危ない目に遭うことは確定的に明らか。
そしていよいよ登場した8体目の崩。次は友恵の危機か。

ANGEL VOICE
さすがは乾。ギリギリのコースを狙ったわけではないというのも
大きなポイントだ……誰もこれを真似できないけど。
しかし尾上と二宮が外し3対1の危機的状況。
なんか所沢が止めて、成田が外して終了な予感が……。

キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
助けも霊能力も必要ない!ボクには恐怖新聞というパートナーがいるからな!!
なんという力押し……。影を倒したときに完全に3人娘のことを考えていた
ということが笑える。影に協力してもらってごまかせないかね?

木曜日のフルット
割と美人とか言うと調子に乗るぞ。鯨井みたいにそれなりに頭の回転が早くて
相手にズバズバ言える人は占い師として成功しそうではある。

CTC
OPトークの「CTC一本に全精力を注いできた」は感心するところなのか、
笑うところなのか、憐れむところなのか、どうすればいいのか分からない。
咲来さんの小さいこと〜、どうやってウォッシュレットで全身洗うのだろう?
TAKARAさんの道場訓、主人公の刑事の妻が黒幕というのもおもしろそう。
竹ちょさんのうれい、スカートが短すぎるから偽物。認めない。

―――――――――――――ここから追記――――――――――――――
上記の「認めない」発言の謝罪、発言に至った経緯。(コメント欄一部改変)

この「偽物、認めない」という言葉に中傷の意図は一切なかったのですが、この短く切られた文章ではそのように感じられた方もいるかも多くいらっしゃるかもしれません。竹ちょさんを始め、不快に思われた閲覧者の皆さん、申し訳ございませんでした。

この発言の経緯ですが、以前の本誌感想で自分が「ロングスカートのうれいがかわいい」と書いたことが背景にあります。
そして今回、26号のCTCにて竹ちょさんが描いたスカートの短いうれいを見て、「これは竹ちょさんなりのこだわり」と解釈しました。そこで自分は「竹ちょさんにそういうこだわりがあるのなら、自分は前に言ったとおりスカートの長いうれいにこだわろう!」と考え、このような感想を書きました。
もちろんこれはスカートの短いうれいを否定しているのではありません。好きな作品への愛をハガキいっぱいに描くこと、原作では見ることのできないキャラクターの姿を描くこと、他作品とのコラボイラストを描くこと、これらは読者ページのイラストコーナーの醍醐味だと思っています。

しかし改めてこの一文を客観的に見ると、自分のそのような考えが他人に伝わるとは確かに思えません。思慮に欠けていました。本当に申し訳ございませんでした。

必要に応じてネガティブな発言をすることはありますが、今回そのような意図は一切なく、自分のミスで竹ちょさんにご迷惑をおかけしてしまいました。謝罪は当然として、自身の甘さを戒める意味も込めてこのような文章を書かせていただきました。
―――――――――――――ここまで追記―――――――――――――

次号予告。
・「てんむす」(稲山覚也)
巻頭カラー大盛り23P!!
・「範馬刃牙」(板垣恵介)
親子喧嘩真っ最中巻中カラー。
・「バチバチ」(佐藤タカヒロ)
連載100回記念センターカラー!!キャラ人気投票もバチバチのことかな……。
・「ブラック・ジャック創作秘話」(宮崎克・吉本浩二)
集中連載第2回。巻中カラー25P!!