FRISKELION

漫画の感想を淡々と書き続けるブログ。みつどもえの個別記事も余裕ができ次第、更新します。


最終巻に相応しい健全な表紙ですべてを察した第12巻。

高坂グループの警備会社を買収した麻美。立場逆転。
清香と鉢形の再戦も鉢形の心の乱れを察した清香が完封。
聖と本当の友達になりたい鉢形、母に本音をぶつける聖。
これまでの11巻が嘘のようなシリアス展開。この緩急よ。
司おばさんの悲しい過去…一代で巨大企業をつくりあげた設定がすごすぎる。
すべては娘のため云々。なんだかんだで、若い。違う。和解。ええ話やん。

麻美、突然の失踪。アメリカへ。玉ちゃんが使えなさすぎて笑える。
ずっと出ていないから存在を忘れていた。坂戸先生は稀に出るからギリ。
超有能・司おばさんからの助けの手。昨日の敵は今日の友。
聖の可愛さよりも鉢形の「聖の幸せが私の幸せだから」を見逃してはいけない。
クライマックスが近づく。まさかみっちゃんの帰国子女設定が役に立つとは…。
坂戸先生の女王様設定も生かされた。清香は鉢形戦で活躍してるし。
鶴瀬は…なんかいつもどおり服が透けていた。飲食でポイントを稼ごうとする伝統芸。
すげーわちゃわちゃしながら、3人娘が石丸大好きという情報を共有。

麻美が目覚めた過去が語られる。女児時代の麻美がかわいい。
石丸が気に入られていた理由が判明。初回で清香をけしかけたのも、
麻美自身の興味だった、ということらしい。石丸は冒頭で自身の女性遍歴について
「変わった女性」とは言っていたけど「変な女」とは言ってないからセーフ!
怒涛のハーレム展開。麻美、最後のヒロインになる。聖の絡みで多少意識付けがあったけど、
デート回も挟んだけど…ここまで長かった…色物3人娘とは格が違う…。
最終回での怪しいサークル扱いは笑う。保留といえど実質麻美の勝利、か?

このオチ&描き下ろしでそれぞれのエンディングで描ききれたのは
ハーレムコメディ的に良かったのでは。麻美のベタな赤面だけでなく、
坂戸先生と玉ちゃんにも触れてるし。最後放置の聖も描き下ろしがあって良し。
高坂グループトークに笑った。粗さも魅力に感じる作品だった。アバタもエクボ。
近年主流の1、2巻がピークのラブコメよりも、ハーレムギャグコメの方が好き。
「自分に素直になるって、やっぱりいいものですね。」


放課後の拷問少女 11巻 BOKU


旭先生が妙に色っぽくてかわいらしいのはさておき、
後ろにいるのが女装大祐なのか母親なのか混乱する表紙の第12巻
中表紙の結と田中もなんか小洒落ていて良い。

カイロ回、1ページ目でオチまで見えていた。
路面凍結回。邪な気持ちを持つと負け、という高浜の好例。
旭先生の車で豪快にスリップしていく未来もほのかに見えた。
節分回。旭先生の熱い酷使。話を転がす便利ポジション。総ツッコミが良い。
サバゲー部回。ルールを理解していない鈴に笑う。力こそパワー。地形の利用。
バレンタイン回。田中さん!イケメン!たぶん高浜に限らず全員本命。
人影回。天文部のボクっ娘。和香と大祐にむくれる鈴がベタでかわいい。
白ギャルねねぽん回。「勉強なら」というフリが無視されていて笑った。
本家田中がひくほど積極的なねねぽん。トップクラスに一番過激に思えた。
千晶姫回。そらそんな格好していたら注目されるわ。大祐はさすがハーレムの主。
馬に追われる高浜…ジャミられる高浜も悪くないと思います。
大祐NTR回。千晶の友人・朋香の抜け駆け。死にそうになっている千晶がかわいい。
描き下ろしで理不尽な目に合う朋香に笑った。暴力女は読者ウケ悪いらしいぞ。

空気清浄機回。マリリン・モンローになる琴音。そうはならん…よな?
ねねぽん、初期では考えられないほどこういう方向で人気稼いでくるよな!
お花見回。死にそうになっている旭先生がかわ(以下略
ブラックコーヒー回。田中さんの弟子・メスガキ結にゃん…最高かよ〜。
エイプリルフールと言ったのは田中ではなく結、という事実に。それはつまり?
研究シャッフル回。大祐もハーレムの研究してるぞ。千晶のマジシャン設定。
漫画アシ回。鈴の交友関係の広がりに涙。大祐以外の家に行くの初めてだろ?
うさぎ回。生物部の岡田ひなた。関西弁ロリ、に見えるがどうでしょう。
ま〜たねねぽんがやらかしている。大祐と一番触れ合っている。
ドッヂボール回。岡崎くんVS田中さん…とはならなかったけど、強い組み合わせ。
和香アイドル回。催眠に重要な絶対的信頼の揺らぎに顔が曇る琴音。良い表情。
マスコミの対立煽りに憤る大祐。そしてゴシップオチ。おいおい社会派漫画か。
コインランドリー回。高浜、もう大祐が盗んだという認識じゃん…。
風水回。旭先生の「もー!」がはいりましたー。自分から下着を披露するのは新しい。
あとがきの一人称視点ねねぽんがさすがの絵はプロレベル。



近未来サイボーグ美少女コメディ漫画の第1巻。

13歳で病に伏すも、ギャングによるサイボーグ化で一命をとりとめたマコちゃん。
サイボーグ派遣会社で働く青年・ロウのモノローグにポーズを取るのが笑える。
高度医療の一環であるサイボーグ化。この肉体強化を悪用するギャング。
高齢でサイボーク化した老人よりも、幼少でサイボーグ化したほうが
改造に合わせて身体が成長するのか、大きな力を発揮するらしい。
シリアスっぽい世界観の中でひたすら小ボケとツッコミ。
全体的にデザインが独特で濃ゆい。これらは人によって合う合わないはありそう。
列車強盗のはギャグっぽくしているが、そのうち伏線回収されるのだろう。
ギャングの世界で豪腕を振るっていたマコちゃん13歳(21)。合法ロリ。酒豪。
ボケばかりかと思えば、いわゆる人の心のない、ヒヤッとする発言。
自分に常識を教えて導いて欲しいと、ロウのパートナーになる場面は素敵やん。

マリアファミリーの3人の少女サイボーグ、マコ・カイリー・イヴ。
カイリーに「カタギのルール」を拳で教えようとするマコがかっこいい。
最凶サイボーグのイヴがロウの幼馴染み疑惑。マコもイヴとの戦いはガチ。
マリア、マコ、イヴ、それぞれに事情があるらしい。ギャグだけじゃないんだな。
なんだろう、カイリーはイキり散らかして話を転がす便利な不幸なキャラの予感。
サイボーグは風邪をひくと特殊な症状が出る。マコは笑いと泣きの反転。
身を挺して気絶したロウに、ずっと爆笑しているマコがベタで超良い。
カイリーの「こいつ首をリスケしろ!」「はっ!」で大笑いした。
3人娘の世話係・ジェーンの敵、ギンコファミリー。マコちゃん超シリアス。
瀕死の状態からサイボーグ化されて再登場とかあるのだろうか。
カバー裏にも描き下ろしイラスト。けん玉っぽいものは武器?



↑このページのトップヘ