FRISKELION

漫画の感想を淡々と書き続けるブログ。みつどもえの個別記事も余裕ができ次第、更新します。


性春漫画家マンガ(公式ママ)の第1巻。

陽キャJKの田中は自分を隠している。少女漫画家を目指して夜な夜な創作。
田中の語り、寺尾の語りはもっともでもあるし、別に深く考えなくても、とも思う。
まぁ、作品に深みを出したり、読者の共感を得るにはうってつけではある。
教室で漫画を描く得体のしれない陰キャJKの寺尾に原稿を奪われ、絶望する田中に笑う。
そして話は急展開。寺尾が連載するエロ漫画の手伝いをすることになった田中。
ギャルっぽいようでウブな田中ちゃん。プロの寺尾に漫画の教えを請うなど良い感じ。

エロ漫画の魅力、奥深さを語るたぶん敏腕美人編集・西村。
成人向けは、服飾でごまかしにくいので高い画力とか、その人ならではの独特の味、
またはストーリーも含めた総合力がないと評価されない世界のようなので、
修行のために描いている作家もいるとどこかで聞いたことがある。
そんな世界で期待の若手のおでらさとしこと寺尾。
テンションの高い先輩漫画家・藤崎…子供の頃から見た目が一緒…。
またまたエロ漫画の魅力、楽しさを雄弁に語る。作者・関係者の叫びか?
寺尾との出会いで少女漫画家、エロ漫画家、どちらにも興味を持つ田中。

田中と寺尾、徐々に距離が近づて友情が芽生えるのか…と思いきや、
見開きのキスシーンを見るに、これは百合百合しい関係性。田中がイイやつすぎる。
熱い友情漫画でもいけると思うが…同作者の他作品でも似たような感想を書いたぞ。
ただ大上さんのときより、コチラはどちらでもおもしろくなりそうな気はしている。
あとがきを読むに百合のオファーらしい。JK百合×エロ漫画マンガとはエッジがきいている。
「性春漫画家マンガ」というアオリに不安を感じるも、絵柄は見やすいし、
田中の明るさと真面目さでとても読みやすい。題材は万人受けはしなさそうだが。
カバー裏のおまけ4コマ、西村はBLが一番好きそう。



ミーシャのおもらしが見られる第8巻。

台風回。説明のお風呂の大きさがワンルーム3点ユニットバスの大きさ…。
ジェットアナフィラキシーアタックとワイルドなクマゴローに笑う。
期待通りの展開。おもらしは当然として表情の描き込みが良し。
アスレチック公園回。畜生パンダとわしわしの口撃に沈む森川。これがロジハラ?
クセの強そうなミーシャが実は一番マトモか…いや、森川だな。
森川フレンズが戻ってこなかったら、ガチで悲しくなるところだった。
立川義政回。みどりんとかいうなんでも屋。個人で製本機って。
ペットがコードを抜くというのはあるあるネタなのだろうか?稀だろうけど。

ウニが如く回。ネタバレはしないが、即興っぽいけど練られていて良かった。
「打ち切り漫画家を救え」は元ネタでもありそうなサブストーリーだが…。
急にテンションがおかしくなるキモオタパンダに笑った。
結婚回。ヤスヒロ×クマゴローが衝撃的すぎて。ちょいちょい悲しいエピソードがくる。
しかし父さんのタンクトップ姿がなんかおもしろおかしく感じてしまった…。
父の日回。とても大事なエピソードな気がするが、レビューのくだりとか、
面倒くさいオタクとか、何か皮肉めいてい笑った。ちなみに自分はつばめと同意見。



料理×偉人×時事漫画の第18巻。

西太后。名前だけよ〜く知っている人。取り上げられると興味が出てくる。
御奴心、結婚相談所へ行く。マジか〜、十津川さんポジションか思っていたのに。
接し方で園場より年上だと思っていた。すっかり忘れていたが、同学年らしい。
十津川同様、外見も中身もかなり好きなキャラクターなので寂しい…。
モテモテ園場が好美とジャンヌに挟まれて肝を冷やすのが愉快。
御奴と園場がメインで西太后の影が薄いのなんの。園場と思考が同じ樋上に笑う。

ユリア・アグリッピナ。ローマ帝国の人々はまったく覚えられない。
内容自体は現代とリンクしていて相変わらず読みやすい。
一瀬はなんか落ち着いたキャラが定着してきている。
偉人を含めるとキャラ渋滞が半端じゃないので、年長者はこうなってくるか。
北条政子。落語も勉強になるんだな。主人の知識にドヤ顔のジャンヌがかわいい。
芝浜とまんじゅうこわいしか知らないけど。あとロボコップ。
前田、免許合宿に行く。以前よりも前田のデザインが可愛くなっている気がする。

バートリ・エルジェーベト。吸血鬼は史実、伝説、エンタメ、入り乱れている。
パンツ仮面の存在は覚えているが、正体を誰だか思い出せない…読み返そう。
おまけ4コマ。ルッキズム…妖怪がますます大変だ。妖怪の飼育員さんに任せよう。
ジョゼフィーヌ・ボアルネ。千恵にまで恋の予感?本人にその気はないようだが。
同級生たちの割と凝った計画と同時進行で樋上と御奴の仲が早くも大詰め。
デート先がヘブンズ・ドアで動揺する御奴に笑った。どんな表情だよ。
案の定、御奴の逆プロポーズが炸裂?ホント良いキャラしている。

「この値段でこの味ならという相対値の点数」は真理。追求すると面白い。
歴史上の人物をしゃぶり尽くすまで続いて欲しいが、なんとなく終りが近いような?
いつの間にかデジタルをものにしていた。小さいコマでも浮くほど描き込んでいる。


↑このページのトップヘ