FRISKELION

漫画の感想を淡々と書き続けるブログ。みつどもえの個別記事も余裕ができ次第、更新します。


不自然な湯気がないことで逆に違和感を感じる入浴回。鶴瀬の扱いに笑う。
麻美が拷問研究をするようになったキッカケという物語の核心っぽい質問。
意味深な間を置いてしまったので、しょーもない理由は許されなくなった…。
清香の「痛いの痛いの飛んでけー」が公開処刑すぎる。
普通席の石丸のもとに集結するヒロインたち。そろそろ隠せてねーな。

「オレの高校生活も捨てたものじゃないかも」の想像図がハーレムの主すぎる畜生。
麻美のいとこ・玉淀瑠璃18歳。石丸が麻美のお気に入りって見破られてるかー。
他のメンツも、瑠璃という第三者の目から見るとまったく隠せてない…。
罠に気がついてメールを返信しない石丸に笑った。

見せ場がなさすぎて過激になる坂戸先生御見舞回。ここだけはフラグが立たない。
石丸看病回。清香が人類最強ということを忘れていてクレーターパンチに笑う。
清香の攻め(受け身だけど)の次は「順番」的にみっちゃんのターン…
だったけど石丸家に鶴瀬が乱入で何が起きてしまうのかというところで次巻へ続く。
「帰ってきた約束の熊」が気になる。おまけ4コマだと石丸とみっちゃんは夫婦だな。
初期設定案の石丸がめっちゃ強そう。スーパーなロボットに乗ってそう。


放課後の拷問少女 4巻 BOKU



ラブコメの第1巻。放課後の拷問少女と五等分の花嫁を同時期に読んでいると
設定がごちゃごちゃになるのは、自分の頭が悪いからです。

家がド貧乏な主人公・唯我成幸は、大学進学にかかる学費を免除するために
特別VIP推薦を狙う必要がある。そのために学園長から課された条件は、
「機械仕掛の親指姫」こと緒方理珠、「文学の森の眠り姫」こと古橋文乃、
2人の教育係として志望大学に合格させることだった。
しかし理珠は文系、文乃は理系の大学、壊滅的に苦手な分野を目指しており…。
現実にその二つ名を持っている人がいたら、つけた人にドン引きする。
人の感情を知るために心理学を学びたいアナログゲームオタクの理珠、
亡くなった母親を想って星に関わる仕事をするために天文学を学びたい文乃、
なぜその熱意があって苦手分野を伸ばせないのか…丸暗記しろ。

マメな専用ノートを作る成幸。この優しさはハーレムの主になる器ですわ。
成幸の例だと無利子の奨学金も複数通りそうだが、やれることはやる。
漫画的なデフォルメかと思って気にしていなかったけど、
シャワーシーンで理珠が低身長巨乳であることが判明。
文乃のナチュラル辛辣言質キャラは扱いにくいだろう。
キャラが勝手に動くという段階の前にこの設定は消えそう。貧乳設定は残る。
葉月と水希がかわいい。空きページの水希は必見。単行本派の特権。

「白銀の漆黒人魚姫」こと武元うるか…カルトクイズにこういう問題が出そう。
中学時代からフラグが立っている状態での参戦。これは勝ち確か負け確の2択。
こんなに成幸のことが大好きなのに箸にも棒にもかからなかったらさすがに…。
ヒロインっぽいムーブをしているのは包帯を巻いている時の文乃だが、
停電回の理珠とうるかも負けていない。あざとかわいい。
小論文の書き方のコツとかもあるし、受験生は必読の参考書だな!




拷問感がなくなった表紙の第4巻。

合宿恒例のうっかり飲酒。めちゃくちゃにされる石丸…。
鶴瀬の2つのバレーボールは重いだろう。頭にのせて休みたくもなる。
唐突な拷問中間テスト。ああ、おっぱい部でもSM部でもないんだ。
清香というバランスブレーカーによって一瞬で終わるビーチバレー。
突然の王様ゲーム。やっぱりおっぱい部じゃん…。石丸、麻美を出し抜けず。

絶対にそうならないであろうド定番のハプニングキス。鼻とか歯を強打しそう。
乳首がないのか描いていないのかわかんねーよ!まぁ、この漫画はわかるか。
麻美との濃厚なキスは本当に全部夢なのか?まぁ、夢らしい。
鶴瀬とみっちゃんの勢いに一歩ひいてしまう清香。
ヒロインのムーブだけど、ツンデレと幼馴染みも破壊力抜群だからな。
番外編、誰の水着が一番?ハーレムラブコメらしくて良い。自分を選択肢から除くな。


放課後の拷問少女 3巻 BOKU


↑このページのトップヘ